山登り

小谷周辺の山

真那板山、蒲原山

山行概要

日程:2019年 3月16日(土)~17日(日)
参加者:Aさん、Iさん、私

 新雪の季節はほとんど終わってしまったのですが、条件が良ければパウダー滑走が楽しめる小谷村周辺の山に行ってきました。

行程:
・ 3/16(土) 真那板山途中まで:曇りのち小雪
・ 3/17(日) 湯原から蒲原山:曇りのち雪

3/16(土)真那板山途中まで

天候:曇りのち小雪
行程:
宿7:10 = 大網8:00~8:30 … シール装着8:41~8:53 … 520m林道終点9:15 … 休憩580m9:19~9:28 … 750m休憩上着10:04~10:12 … 970m付近11:27 … 950m付近に戻る11:32~11:58 - 770m付近12:08~12:31 - 雪面終了点12:53 … 大網12:58~13:12 = 宿

 前泊した白馬の素泊まりのペンションでお湯をもらい各自朝食をとり出発します。国道を折れ姫川温泉を過ぎるかなり急な坂を上りきると大網集落に到着です。いつの間にか雨が降って来ました。広い駐車スペースに車を止めますが、雨でテンションが上がりません。
 少し様子を見ていると小振りになってきたので、準備をし板を背負って出発します。神社の上に雪面の登り口を見つけシールを着けて林道に沿って進みます。何箇所か林道をショートカットしますが520m付近で林道終了が終わります。しばらく上ると暑くなってきたので上着を脱ぎます。昨夜の雪で10cmぐらいの新雪が積もっています。やがて小雪も振り寒くなってきたので、上着を着て更に進みます。視界の悪い中950m付近でゆるい沢状地形でわずかですが上方にデブリが確認できます。視界の悪い中この斜面を上るのはリスクが高いと判断し、他のルートを探しますが、尾根筋はかなり急で上るのは難しそうです。まだ時間がありますが、今日はここまでとします。
 シールを取って出発準備をしますが、シールには今まで見たことのないような量の雪がついてダンゴになっていました。クライマーズレフトの尾根を確認したかったので、右側に向けて滑り、上方を確認しますが、視界が悪く斜面の状況は分かりませんでした。浅くはありますが、新雪の樹林帯を滑り、途中1回ゆっくりと休憩し、林道に出て程なく登山口に戻ります。
 明日の登山口である湯原を確認した後、小谷の酒屋で日本酒を調達し、今日の宿である来馬温泉に入ります。

コースマップ( 3/16)

Total distance: 7148 m
Max elevation: 1087 m
Min elevation: 401 m
Total climbing: 768 m
Total descent: -770 m
Total time: 04:30:44

3/17(日)湯原から蒲原山

天候:曇りのち雪
行程:
宿07:58 = 湯原08:04~08:31 … 林道終了09:13 … 819PK09:48~09:57 … 1264PK11:14~11:38 … 1420PK12:36 … 1430m休憩12:45~12:50 … 蒲原山13:25~13:52 - 1420PK右を巻く14:00 - 1200m付近14:16 - 800m付近14:31 - 590m林道14:46 - 湯原14:57~15:13 = 酒屋 = 倉下の湯 = そば神

 朝食を食べ宿を出発。5分程で湯原の登山口に到着です。シールを着けて林道を進みます。予報ではそこそこいいはずですが、空は雲に覆われています。林道終了点付近からわずかな沢状地形の急坂を上ります。斜面は斜度を増し、キックターンの場所を選びながら上ってきます。819PKの直下で左側の尾根に乗ろうとしますが、かなりのヤセ尾根で沢筋に戻り、最後は板を外して尾根によじ登ります。
 ここからは程よい傾斜の斜面を順調に上っていきます。1264PKに乗り上げると、進行方向はかなりの雪庇が張り出しています。雪庇の下は樹林帯で風も当たらないのでこちらを進みます。1300m付近で尾根に戻り、緩くなった尾根を上って行きますが、雪が降って来ました。1420PKを越えると少し急になりますが、先頭を交代しながら進みます。蒲原山の山頂付近はかなり緩やかでどこが山頂なのかよく分かりません。
 シールを取り滑走準備です。山頂直下はもう少し斜度があるとよいのですが、ブナの樹林帯の新雪を気持ち良く滑りました。1420PKは右から巻いて、斜面をトラバースします。1220m付近で上りのルートと合流し尾根筋を滑ります。意識して819PKのかなり左を滑ります。800mより下は急斜面となりますが、大木の下には大きなツリーフォールができていたりするので注意します。雪が豊富であれば快適な斜面だと思われますが、雪が少なく突然切れ落ちている所もあり行きたい方向に行けません。所々横滑りでしのぎながら下ります。590m付近で林道に合流し、そのまま林道経由で湯原に戻りました。
 昨日の酒屋で土産を買い、倉下の湯とそば神に寄って帰路につきました。
 次は2月のパウダー狙いで来たいものです。

コースマップ( 3/17)

Total distance: 12717 m
Max elevation: 1627 m
Min elevation: 426 m
Total climbing: 1388 m
Total descent: -1422 m
Total time: 06:50:53