山登り

温泉入りにアルプス越え

遠見尾根-唐松岳-祖母谷温泉-白馬-唐松岳-五竜岳-遠見尾根

山行概要

 今年から山の日が制定されました。北アルプスで歩いていないコース、祖母谷温泉に行くことにします。5日間をフルに使い、唐松から祖母谷に降り白馬に上り返すかなりハードなルートです。

目的 アルプスで温泉に入る
日程:2016/ 8/11(祝)~ 8/15(月)
1日目 8/11(祝):遠見尾根-唐松山荘:晴れ
2日目 8/12(金):唐松岳-餓鬼山-祖母谷温泉:晴れ
3日目 8/13(土):祖母谷温泉-清水岳-白馬頂上宿舎:晴れ
4日目 8/14(日):白馬頂上宿舎-杓子岳-白馬鑓ヶ岳-不帰キレット-唐松岳:晴れ
5日目 8/15(月):唐松山荘-五竜岳-遠見尾根:曇のち雨

アプローチ

 自宅を21:30頃出発。2回ほど仮眠をしたので長野ICを降りたのは25:00過ぎ。26:00過ぎに五竜の駐車場に着いて、軽くビールを飲み就寝します。

1日目 8/11(祝) 遠見尾根-唐松山荘

o 実行程
・2016/ 8/11(祝):晴れ
    リフトトップ 07:25-(休憩1回0:05)-(1:07/1:30)-
08:37 小遠見山 08:49-(0:58/1:50)-
09:47 大遠見 09:55-(休憩2回0:19)-(1:54/2:00)-
12:08 小屋分岐 12:08-(休憩1回0:09)-(2:13/2:30)-
14:30 唐松岳頂上山荘 14:39-(0:12/0:15)-
14:51 テント 15:21-(0:17/0:20)-
15:38 唐松岳頂上山荘 18:51-(0:13/0:15)-
19:04 テント
歩行時間 6:54/8:40(=0.86)
休憩時間 4:45(テント設営、食事=3:30)
全行程 11:39

 4:30に起床。駐車場はガラガラです。早く目覚めたのでゆっくりと仕度をします。テレキャビン乗り場で登山届を提出。係員に注意事項を確認し、テレキャビンとリフトを乗り継ぎ地蔵の頭へ。雲はありますが、いい天気で八方尾根の稜線がくっきり見えます。所々に設置されているミニ釣り鐘を叩きながら上っていきます。
 一ノ背髪、小遠見山、中遠見山、大遠見、西遠見とポイントが頻繁にあるのでペース確認が楽です。白岳で視界が広がります。前回は五竜岳に登ってから唐松に向かいましたが、今回は荷物が多いのと、テント場の混み具合が心配なので、五竜山荘へもよらずに唐松に向かいます。大黒岳付近の稜線で一休み。この辺から急な上りになり岩場も増えてきます。いくつかの鎖場を越えると、唐松山荘が見えてきました。
 小屋で手続きをすると、祖母谷に下る登山者には支配人がルートの注意点を説明してくれました。餓鬼山の上りでは直射日光で後頭部をやられやすいので注意、濡れて黒くなった石は滑りやすい、等々。テント場はかなり埋まっており、だいぶ下まで行かないと空きはありません。10分程下り空きを見つけてテントを張ります。ここまで小屋から一々ビールを調達するのは手間なので、食材・食器をザックに入れて小屋まで上ります。小屋前のテーブルで食事を作りビールをいただきます。他の登山者と話をしながら、日没までいてテントに戻ります。

テレキャビン+リフト:1400円
テント:1000円
ビール350mL:600*3=1800円
水2L:300円
合計:4500円
 

コースマップ(8/11)

Total distance: 10293 m
Max elevation: 2656 m
Min elevation: 1644 m
Total climbing: 2070 m
Total descent: -1087 m
Total time: 10:45:36